ホーム / メールマガジン /

1億稼ぐのはこんなヤツ

1億稼ぐのはこんなヤツ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「起業をしたい」という人と話をしていると、

「年収1億円」というキーワードがけっこう出てきます。

「1億稼ぐためならなんでもします!」みたいな。

で、意地悪田島が、(笑

「週7フルで仕事して1億円と

 週1で2千万円だったらどっちがいい?」と聞くと、

ほぼ皆んな、「週7で1億円」を選びます。

忙しさより何より、

収入に対する優先度が高いんですね。

そういう人は特定の誰かを「見返してやりたい!」

という気持ちが強いような気がします。

私が考える幸せなビジネスは、

好きな人に喜んでもらえるビジネスです。

例えば団塊世代が金を持っているからといって、

好きでもないのに無理やり参入してもうまくはいかないでしょう。

私の場合、中小企業の社長とそこで働く人たちが好きなので、

その人たちが喜んでもらうためのことを一生懸命考えます。

喜んでもらえれば当然、儲かります。^^

儲からないとしたら、実は喜んでもらえていないか、

お金を払ってもらう仕組みが下手、

ということになります。

次に「喜んでもらえればなんでもいいのか?」という話しですが、

自分が奴隷のように尽くすことで喜んでもらっても、

私はちっとも嬉しくありません。

私は自分の望むライフスタイルの上で、

お客さんに喜んでもらいたいと思って、

今のビジネスモデルを作っています。

「1千万円を一人から貰えば奴隷、

 1万円を千人から貰えば先生の法則」

というやつです。

いま考えた名称ですが。(笑

あとは気軽に1億円と言っている人は、

客数×客単価の数字のイメージがないことが多いです。

月額15万円のコンサルティングだとしたら56社。

月額20万円なら42社、月額30万円なら28社。

まあ船井総研のトップコンサルタントでも無理な数字です。

もちろん彼らの収入は月額顧問料だけではありませんが、

このモデルで1人は無理です。

冒頭の質問です。

週1で2千万円稼げるのであれば、

もし週7で仕事すれば1億4千万円です。

違う?(笑

ええ、違います。

週1で2千万円稼げる仕組みができているのですから、

週1のまま1億円にすることだって可能です。

実際にゆるゆると1億円以上稼いでいる人はわりといます。

来週、こちらのウェブセミナーをやる今井さんもその一人。

http://yurui-business.com/qktk

これが1億稼ぐ人の空気感です。

年商じゃないですよ。

粗利に近いか超えていると思います。

たぶん。(笑

「1億稼ぐためならなんでもします!」

なーんて雰囲気はサラサラないですよね。

「これだけ皆んなに喜んでもらえば儲かっちゃうなぁ」という感じ。

今井さんのウェブセミナーを

「これまで何度も見ているよ」という方も、

何度でも見てぜひこの空気感を身につけてください。^^

1億稼ぐ人は関心の矢印が、

常にお客さん、社会に向いています。

「なかなか儲からない」という人は

関心の矢印が自分を向いているのかもしれません。

【質問】なんのために、どうやって稼ぎますか?

そうそう、このあたりのことは、

こちらのマニュアルの最後でもお伝えしています。

今井さんとの対談も見ることができます。^^

■独立起業する人が税金・保険で損をしないための「独立起業マニュアル」
 http://独立起業.com/

この記事を共有する

コメントは締め切りました