ホーム / メールマガジン /

2つの復讐法

2つの復讐法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

先日、ある映画を観ていました。

その中で母親が不満を持ちやすい性格のようで、

誰に対しても愚痴ばかり言っています。

その一番の原因は旦那さんで、

旦那さんはもう10年も刑務所に入っているとのこと。

そりゃ愚痴も言いたくなりますね。^^;

愚痴ばかり言っているので、

周りの人からは疎まれて、

内心はすごく寂しい思いをしています。

でも実はその母親、

幸せにならない復讐法を実践しています。

「私がこんなに不幸なのは、

 あいつ(旦那)が悪いからなのよ」と。

家庭において似たパターンでは、

親が厳しくしすぎて子供が引きこもったりした場合に、

「私がこんな風になったのはお母さんのせいなんだからね」

的な。

実はこれって、

ビジネスの世界にもよくある話です。

上司の厳しい指導に反発して、

いつまでも成長してやらずに

失敗ばかりしているとか。

ビジネスを教えてくれる塾に入ったけど、

何かが気に入らなくてそこで成功したら癪だから、

いつまでも成功してあげないとか。

自分がいくら不幸になろうが相手は覚えてもいないし、

なんの復讐にもなっていないのですが、

そうとしか考えられない心境もあるのですね。

気に入らない相手への一番いい復讐は、

自分がめいっぱい幸せになって、

相手のことを忘れてやることです。

さらに言えば、

自分の力で社会をより良くして、

気に入らなかった相手すらも、

幸せにしてやることです。^^

「どうだ、俺のせいで幸せにしてやったぞ、

 ざまーみろ」

ってなもんです。(笑

もし自分自身が、

幸せにならない復讐法に囚われていたり、

囚われている人を見かけたら、

「幸せにしてやったぞ、ざまーみろ」

でいきましょう。^^

【質問】どっちの復讐法を、選びますか?

サラリーマン時代のムカついた上司、幸せになっているかなー。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました