ホーム / メールマガジン /

AのBと言えばC

AのBと言えばC

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

ポジショニングについてのお話しです。

「AのBと言えばC」

これをC→B→Aの順に埋めてゆきます。

まずCについては、

自社の名前や商品・サービス名を入れます。

当社の場合はひとまず「ゆるビジ☆」です。

次にBについては、

一般名詞を入れます。

当社の場合はひとまず「コンサルティング」です。

すると、

「コンサルティングと言えばゆるビジ☆」

になります。

でもこれだと括りが大きすぎて、

誰にも届きません。^^;

だからAに、

セグメントを入れます。

当社の場合はひとまず「中小企業専門」です。

すると、

「中小企業専門のコンサルティングと言えばゆるビジ☆」

になりますが、それでもちーっとも尖っていませんね。^^;

「中小企業専門の、マニュアル販売と言えば、ゆるビジ☆」

「節税につながる旅費規程と言えば、ゆるビジ☆」

「ゆるいメルマガと言えば、ゆるビジ☆」

うーん、何がいいかな。(笑

一般的にセグメントの例としてはこんな感じが考えられます。

●場所:東海地区専門の、九州限定の、海外在住者向けのetc.

●時間:早朝、深夜etc.

●性別:男性、女性etc.

●年齢:アラフォー専門の、シニア世代専門、子育て世代向けのetc.

●業界:飲食店業界専門、医者専門、コンサルタントのためのetc.

●規模:大企業専門、中小企業専門、零細事業者のためのetc.

●職種:営業マン専門の、人事担当者のための、研究職専門のetc.

●段階:初心者向け・ハイレベル向け、新入社員専門・管理職専門etc.

●性格:3日坊主専門、あがり症の人のための、優柔不断なあなたにetc.

●特性:母子家庭限定、バツイチの方専門、障害者のためのetc.

●目的:起業したい方専門、集客に悩む方専門etc.

※ コンラボさん(https://conlabo.jp/)のサイトを参考に一部改変

Aにこういったセグメントを入れてみて、

どこの会社も浮かばなければ、

市場があるかどうかは別として、

そのポジションは空いているということです。

BとCはカンタン。

Aはちょっと悩みどころ。

そんなポジショニングのお話しでした。^^

【質問】A(セグメント)には何を、入れますか?

弱ければ弱いほど、狭めるのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました