ホーム / メールマガジン /

AHKプロジェクト、始動

AHKプロジェクト、始動

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

8月に募集させていただいたAHKプロジェクト※のクライアントの

コンサルティングが今月からスタートしました。

※ A(赤字企業を)H(半年で)K(黒字化する)プロジェクト

昨日は約20人の経営幹部を対象に、AHKキックオフの社内セミナーを

バッチリ2時間してきましたので、そのレジュメの内容をご紹介いたします。

1.自社の置かれた状況

 ・毎月の損益は赤字体質
   →月次損益計算書

 ・将来の展望が見えない
   →市場は年々縮小し、明るい材料は少ない

2.現状を変えるための2つの方法

 ・もっと頑張る
   →頑張れない理由、もっと頑張る余地があるかどうか

 ・やり方を変える
   →どんなチャレンジが必要か

3.どうしてもやらなければならないこと

 ・黒字体質の獲得(半年以内)
   →損益分岐点の引き下げ、高付加価値商品の販売、優秀な人材採用

 ・夢のあるビジョンを描くこと
   →黒字体質獲得の痛みに耐え、優秀な人材を採用するために不可欠

4.お花畑で戦うか、猛獣の檻で戦うか
  http://yurui-business.com/お花畑で戦うか猛獣の檻で戦うか/

 ・儲かる会社と儲からない会社は何が違うか
   →どの業界のどのポジションで戦うか

 ・成長市場×自社商品マトリックス
   →自社の強みが通用する成長業界はあるか
    ■企業統計調査産業分類一覧
     http://www.stat.go.jp/data/jigyou/2006/bunrui.htm

5.ミッションピラミッド
  http://yurui-business.com/ミッション-ピラミッド/

 ・ミッションの高さ
   →高すぎるとぼやける、低すぎると市場がない

 ・自社のミッションピラミッド(仮)
   →ミッション、ビジョン、戦略

6.戦略とはなにか

 ・ヒラメキ戦略とコツコツ戦略
   →ヒラメキを仕掛けつつ、コツコツを積み上げること

 ・高付加価値戦略と低コスト戦略
   →高付加価値高価格と、低コストで提供できる理由はなにか

 ・マイケルポーターの5フォース分析
   →業界において儲かるポジショニングはどこか

私がプロジェクターを使って1時間半ほどお話しをさせていただき、

残りの30分で一人ずつコメントをしてもらいました。

普段なかなか聞くことのない話しだったとは思いますが、

皆さんそれぞれに思うところはあったようで、

現段階での方向性の統一はできたのではないかと思っています。

さあ、これからワクワクドキドキハラハラの挑戦が始まります。

気合十分!

メルマガ読者の皆さんもお楽しみに☆

【質問】社長と経営幹部の方向性は合っていますか?

こんな感じの社内セミナーを、経営相談1回とパッケージ化して

販売しようかと思うのですが、興味はありますか??

この記事を共有する

コメントは締め切りました