ホーム / メールマガジン /

100円ショップの安さの秘密

100円ショップの安さの秘密

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
何年か前までは、

グローバル経済と言う言葉を

よく聞きました。



でも最近はあんまり聞きませんよね。

グローバル経済と言うのは、

「中国に進出して物を作りましょう」

と言うキャンペーンでした。



「グローバル経済に乗り遅れるな」

的なことを言われ中小の製造業が

こぞって中国に進出しました。



そのキャンペーンは中国共産党が絵を描いて、

経団連や日経新聞が乗っかりました。

乗っかったと言うか中国進出の便宜を図ってもらい、

金を掴まされたと言うことですね。



100均ショップって安いですよね。

こんな物まで100円?!

と驚く物があります。



そのほとんどは中国で作られていますが、

豊かになって人件費が上がってきたと言われる中国で、

どうしてそんなに安い物が作れるのでしょうか?



中国が香港に国家安全法を導入しました。

簡単に言ってしまえば中国共産党に異を唱えたら、

誰であっても逮捕、非公開裁判、無期拘束ができる法律です。



誰であってもというのは、

香港人、中国人でなくても、全世界の誰でも、です。

だから私がこのメルマガで中国共産党に異を唱えたと判断されたら、

トランジットで香港に入国した瞬間に逮捕拘束、

ということも起こり得るわけです。



また新疆ウイグル自治区では大弾圧をしており、

強制避妊、堕胎などの断種政策、臓器売買ビジネス、

強制労働などをさせています。



その強制労働の産物として

100均の商品が売られているとしたら?

単純にその工場で働かされているというより、

素材などアンダーグランドでの強制労働です。



そんなことをしている相手に、

他の国の工場が勝てる訳がありません。

その結果、世界中の国の工場が衰退してゆきました。



アメリカでは企業がサプライチェーンの中で、

強制労働に関わっていない証明をしなければ

政府と仕事ができなくなりました。



また中国のファーウェイやTikTokなどの、

中国製品、サービスは情報を抜き取るスパイとして、

アメリカは禁止しました。



さらにそれらの製品、サービスを使っている

国(日本)との取引の制限までしてゆきます。

すでにアメリカだけなくイギリス、インド、オーストラリア、

世界中の国が中国企業からデータを抜かれる危険性

に気づいています。



いま中国共産党が一番に狙っているデータは、

コロナワクチン関連と軍事データですが、

特許関連、個人情報、何から何まで盗んでいます。



もちろん日本も政府レベルでは気付いていて、

脱中国の補助金も設けられています。



なぜ日本ではこういった情報が

報道されないのでしょうか?

それは中国に不利な報道はしないと言う

協定が結ばれているからです。

(ソースはありませんがマスコミ内から

 チラホラ話がでてきます)



中国共産党のスゴいところは、

経済的に相手を中国に依存させたところで、

支配下に置いてゆきます。



不景気な街や国に中国人観光客がたくさんきて

ようやく潤うようになって、

新しくホテルや観光施設をバンバン建てた頃に、

政治家が靖国神社に参拝するなら

観光客をもう行かせないぞ的な。



メディアでは米中貿易戦争とか、

トランプはイカれた大統領とか

印象操作していますが嘘です。



世界をコントロール下に置こうと企む中国人共産党が、

権力闘争、コロナ、洪水、蝗害により暴走しだしたため、

アメリカは経済的なダメージを負ってでも、

本気で潰しにかかっています。



言葉を恐れずに言えば中国共産党は邪悪です。

現在においてナチスをゆうに越える邪悪な

独裁政権が日本のすぐ隣にいて、

日本に、世界に、侵略戦争をすでに始めてことに

気づかねばなりません。



【質問】中国共産党のヤバさに、気づいていますか?



この本を読むと、世界で起きていることがけっこうわかります。

   ↓

■米中もし戦わば
 https://www.amazon.co.jp/%E7%B1%B3%E4%B8%AD%E3%82%82%E3%81%97%E6%88%A6%E3%82%8F%E3%81%B0-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%8A%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AD/dp/4163905677/ref=as_li_ss_tl?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%B1%B3%E4%B8%AD%E3%82%82%E3%81%97%E6%88%A6%E3%82%8F%E3%81%B0+(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E)+%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC&qid=1598151514&s=books&sr=1-1&linkCode=ll1&tag=yurubusi01-22&linkId=d3e630c08bbdad66c64164ba0b3aa128&language=ja_JP

この記事を共有する

コメントは締め切りました