ホーム / メールマガジン /

1507号室の田島ですが

1507号室の田島ですが

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
自社の社員の能力に、

満足していない社長は少なくありません。



つい最近お話しした社長も、

「少しは考えて欲しいことを考えてくれなくて、

 ごちゃごちゃ言わないでやって欲しいことを

 やってくれない」

というようなことを言っていました。



うーん、

あるあるですね。(笑



そうそう、話しは変わるのですが、

私が前のマンションに引っ越した時に、

宅配ボックスの開け方がわからずに

管理人のおじさんに聞いたことがありました。



「1507号室の田島ですが、

 宅配ボックスの開け方がわからないので、

 教えてもらえますか」


「1507号室なんてありましたっけ・・・?」



ファー!

そこじゃねぇ・・・!(笑



住んでいる本人があるって言ってるんだからあるんだよぉ。。

宅配ボックスの前まで行っても

「あったかなぁ?」なんてぶつぶつ言っています。



で案の定、

宅配ボックスの開け方がわからずドツボにハマったので、

「あ、大丈夫です。ありがとうございます・・・」

ということで終わりました。^^;



実はこれってありがちな心の動きで、

自分がわからないことを聞かれた時に、

自己保身やプライドにより「わからない」と言えないために、

質問そのものを勘違いしたフリをしてしまいます。



「聞かれたことを答えられないのは、

 私が無能なせいではなく、

 ただちょっと質問の意味がわからなかっただけですよ」

的な。。^^;



まあそんなことをしても、

なーんの意味もないんですけどね。(笑

でも冒頭で紹介した社長さんの会社も

そんな症状に陥っている可能性があります。



これは社員がわからないことを、

ただまっすぐに「わからない」と言えない

社長との関係性であると言えます。



これは関係性の問題ですから、

「わからないことはわからない、って言って!」

と言えば言うほど固定化されてゆきます。^^;



「じゃあどうすればいいんだよ?!」という話しですが、

「あなたがどんなにダメでも見捨てたりしないよ」

という安心感を与えてあげることがスタートです。



これはもちろん言葉だけじゃなく、

社長の心の中で腑に落ちることが重要です。



そうすると不思議なことに、

これまで社員ができなかったことが

できるようになります。



そしてさらに上級なことを言ってしまうと、

社長の心の中でその気持ちが腑に落ちさえすれば、

見捨てるとか見捨てないとかはどうでもよくなります。



つまりその社員がやっぱりどうにもならないようであれば、

あっさりさっぱり見捨てるのもそれは自由自在です。

フラットな心で信頼するというか・・・。



社長という人種からすれば、

他人に依存する安心感なんて理解不能だとは思いますが、

なんとなーく参考になればと思います。^^



【質問】社員は、安心していますか?



宅配ボックスは、無事開きました。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました