STARの法則

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

ダイレクト出版の

『STARの法則』 リチャード・コッチ著

をパラパラと読みました。

その中で新市場を作るためのアイデアについて

VSの切り口がありましたのでご紹介します。

後半は書くのがめんどくさくなったので、

どんな例があるか自分で考えてみてください。(笑

● 高級品市場 VS 大衆品市場

 高級品市場を扱っているのなら大衆品市場、

 大衆品市場を扱っているのなら高級品市場(プチ贅沢)を

 狙うことは可能か。

● 大量生産市場 VS ニッチ市場

 大量生産市場を扱っているのならニッチ市場、

 ニッチ市場を扱っているのなら大量生産市場を

 狙うことは可能か。

● 大きい製品 VS 小さい製品

 特大サイズまたはミニサイズを作れないか。

● 感情的 VS 機能的

 感情的商品に機能性を付加できないか、

 機能的商品に感情を付加できないか。

● 健康 VS 誘惑

 特に飲食業界に言えるが、

 健康商品(野菜等)なのか誘惑商品(チョコレート等)か。

● 便利 VS 本物

 ダイソーの文具か、銀座・伊東屋か。

● 時短 VS 優雅な時間

 イオンのセルフレジか、

 紀伊国屋のフルサービスか。

● 移動 VS 固定

 移動できるものを固定できないか、

 固定しているものを移動できないか。

● ユニセックス VS 男性・女性専用

 性別のないものに性別をつけられないか、

 性別がついているものをユニセックスにできないか。

● 男らしさ VS 女らしさ

 製品やサービスに男らしさや女らしさの

 アイデンティティを与えることができないか。

● 玄人ユーザー VS 素人ユーザー

 玄人ユーザーを相手にしているのなら素人ユーザー、

 素人ユーザーを相手にしているのなら玄人ユーザーを

 狙うことは可能か。

● 最低限のサービス VS 手厚いサービス

● DIY VS プロのサービス

● オーダーメイド VS 既製品

● 単品売り VS まとめ売り

● 一極集中 VS 分散

● 総コスト VS 初期費用

● 職場 VS サードプレイス

● 自宅 VS サードプレイス

● 所有 VS レンタル・共有

● 専門性の細分化 VS オールインワン化

● オンライン VS オフライン

自社がVSのどちら側なのか、

その反対側も取るためにはどうすればいいか考えてみると、

いいアイデアが浮かぶかもしれません。^^

【質問】使えそうな切り口は、ありましたか?

頭の、体操です。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました